食パンの「食」は何?

0
     みなさんは、食パンを知っていますよね。
    では、食パンはどうして「食パン」というか知っていますか?
    家庭によっては毎日のように食べているのに、知らない人はたくさんいるのではないでしょうか。

    というか、そもそも「なんで」と考えたこと自体ないのではないでしょうか。

    では、どうして考えたことがないのでしょう?

    どうでもいいことだから
    ではないですか?

    だって、食パンの「食」が何をさすか知らなくたって、食パンを食べることはできますから。

    健康志向の人は、食パンの原料が何かとか、どこ産の小麦を使っているかとか、添加物がないかどうかなどは気になるかもしれません。
    それは、自分の体に何かしら関係や影響があると思っているからです。
    でも、食パンの「食」が何をさすか知らなくても、パンが腐ったり、不味くなったりはしません。
    だから、どうでもいいことなのです。
    どうでもいいことだから、あまり考えたことないのです。


    先生は、今朝、食パンを食べているときに初めて考えました。
    34年間も生きてきて、朝食はほとんど食パンを食べてきたのに、その答えが思い浮かばなかったことに驚きました。


    今の世の中、しかもこの記事を読んでいる環境ならば、この答えは容易に見つけることができます。
    「食パン」などとインターネットで検索すれば出てきますから。
    先生はWikipediaで調べました。
    明確な答えはありませんでしたが、こう考えられるというものを見つけることができました。

    みなさんなら、どうしますか?
    「この記事に答えも書いておいてくれたら親切なのに」
    と思うかもしれません。
    あるいは、「別にどうでもいい」と思うかもしれません。
    自分で調べてみるかもしれません。


    この記事は、食パンのことはあくまでも“話題”なので、
    この話題を通して先生が伝えたいことをそろそろ書くことにします。

    今、学校では、「問い」に対して何をどうやって解決していくかを勉強しているかもしれません。
    確かに、調べる方法がいくつもあれば、解決することが簡単になってきます。
    でも、どうでしょう。解決したことで、みなさんの人生は何が豊かになるのでしょう。

    実は、学習で大事にしたいのは「どうやって解決するかの方法を知る」ことではなく、
    「解決したい」と思えるような問いを自らもつことと言えないでしょうか。


    食パンがどうして「食パン」というのか
    みなさんは、この問いを解決したいですか?

    解決したいと思った人は、
    1 自分でまず考えてみた
    2 自分で出した答えが十分に納得いくものではない
    3 納得したい
    と考えたことでしょう。


    1で終わる人もいます。
    その人は、「真実」を気にしない人です。
    自分の予想で「多分そう」と思える人です。
    友達との間で話題にはなるかもしれません。


    2と3の間がみそです。
    自分が「考える」ということを大事にしている場合、「納得」することには価値があります。
    でも、そうでなければ、この問いならば3にはいかないでしょう。
    だって、納得しなくたって、これまで通り何一つ変わらず、食パンは食べていけるし、生きていけますから。


    誤解しないでくださいね。先生は、
    食パンはどうして「食パン」というか
    について考えて欲しいのではありません。

    教室で先生が与えた「問題」を答えることは、「問題解決学習」ではないということです。
    誰かに「なんで?」と聞かれずとも、自ら「なんでだろう?」という思いをもつことが大事なのです。

    そのためにできることは
    自分が”当たり前“にしていることに気付くことだと、先生は考えます。

    当たり前のことは、当たり前なのですから、なかなか気付きません。
    でも、「これは、こういうことを当たり前としよう」と決めた日はきっとありません。

    周りの人とか、なんとなくの空気として押し付けられている「当たり前」を、知らず知らずに受け入れているのですね。
    生きていく上で全てのことに「なんで」と問い、納得しないとすまないのであれば、とてもとても生きていけません。
    でも、ふと自分も「当たり前」としてしまっていたことに「なんで?」と思えたならば、きっとそれはチャンスです。
    なぜなら、
    それを解決したときに「世の中のことには必ず意味があるのだな」と、世の中を肯定できますから。
    また、
    解決しないときは「当たり前を当たり前でなく」して、「新しい当たり前」を作りたいという思いがわきますから。


    今、みなさんのすぐ傍にも、気付いていない「当たり前」がたくさん転がっていますよ。
    posted by: tomosen | 勉強 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    下検分ってなあに?

    0
       日光修学旅行の下検分(したけんぶん)に行ってきました。

      え?先生だけ日光行けるの?ずるいっ!
      みたいなことを考える子はほとんどいないと思いますが、
      でも、どういうことをするのだろうとは思いますよね。

      仕事で旅行に行くのではなく、
      みなさんが安全に楽しく旅行できるように、
      安全でなくなる可能性のあるものや、
      楽しくなくなる可能性のあるものなどをチェックして、
      当日そういうことにならないように対策をするためのものです。


      たとえば

      1.
      先頭を歩いている先生。後ろには40人の子ども達。
      ところが先生、「あれ?前に来たときは、この道通れたんだけどな・・・」と工事中になった道を見て困ったとします。
      先生が困れば、子どもも困ります。
      近所の道であれば、「じゃあ、あっちから通ろう」とすぐに判断できますが、普段行かない場所では、そうも行きません。
      ここで困っている間に時間が過ぎてしまい、バスの時間に間に合わなくなったら台無し。


      2.
      ここでは、何時何分に集合しよう。次はどこそこに行くから、集合は3分。トイレもここですませないと。
      という計画。地図やパンフレットを見れば、そこまで行かなくてもトイレの場所くらい確認できます。
      でも、そのトイレは小さくて、女子トイレの個室は2つしかなかったとしたら、、、
      3分で全員がトイレに行けるわけありませんよね。
      これで、その後の計画がずれてしまいます。1と同じ。

      3.
      学校から、先生が引率できる人数には限界があります。
      グループ行動をするとしたら、みなさんが迷子になったり、危険な目にあわないように、
      チェックポイントを作って見守ります。
      でも、先生たちの数しかチェックポイントは作れませんから、どこをチェックポイントにするかを決めなくてはなりません。
      実際の場所を見て、
      ・先生が立っていなくても、判断つけられる分かりやすい目印がある
      ・お客さんがたくさん集まったり流れたりするところだから、集合場所には向かない
      といったことが分かります。そうすれば、チェックポイントの場所を正しく決めていくことができます。
      また、目印を写真にとっておけば、行く前にみなさんに伝えることもできます。

      4.
      転びそうな場所など、危ない場所もいくつかあります。
      当日、たくさんの人がいる中で、先生が大きな声で「危ないから気をつけて!」と言うのはあまり好ましくありません。何より、いつ先生が大きな声で大事なことを伝えるか分からないのでは、観光に集中できませんし。また、広く行動していますから聞きそびれることもあります。
      事前に伝えることができれば、みなさんも見通しをもって、安全に行動できますよね。
      自分たちで気をつけることができるようになります。


      他にも、宿泊する宿の人と、細かい打ち合わせも必要です。
      お風呂の時間をいつなら大丈夫かとか、一度に何人入れるか、シャワー口はいくつあるかとか、食事で食べられないものはどうしたらよいかとか、
      具合が悪くなったときはどこに連絡するかとか、おみやげコーナーは何人くらいまで入れるか、
      荷物はどこに預けたらよいかなどなどなどなど。

      公共の場をたくさん利用しますから、一般の方に失礼のないようにすることもすごく大事。
      一人ひとりがきちんとしていても、40人など集団がいるだけで、通行人にとっては迷惑になりますよね。

      みなさんが安全に楽しく旅行できるように。
      そして、みなさんと周囲の全ての人が気持ちよくすごせるようにするために、
      引率する先生がしっかりと調べて、分かっておくことがとても大事なのです。


      ちなみに、先生は2日間でへとへとになりました。
      一ヶ月で体力をつけなくちゃ。
      posted by: tomosen | 勉強 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      苦手な教科の克服法は?

      0
        苦手な教科は、どうしたら克服(こくふく)できますか?
        ということですね。

        答えは

        「やめときなさい。先生なら、そんなことしません。」

        です。


        残念ですか?・・・たぶん、がっかりですよね。
        理由はかんたんです。
        そんなの、ハッピーじゃないからです。
        はあ?そんなんでいいわけない・・・とか思ってますよね。

        まあ、落胆(らくたん)したり、おこったりせずに、もう一度質問を読み返してみましょう。

        「苦手な 教科は どうしたら 克服できるか?」ですね。

        この質問文の場合、一番短くすると「教科は 克服できるか?」です。

        克服とは、なんですか?
        大辞泉で調べると「努力して困難にうちかつこと。」とあります。

        どうしたら打ち勝ったことになるのでしょう?
        テストで100点とったらでしょうか?

        文をわかりやすくおきかえると、
        「苦手な教科で100点をとれるようになりたい。」
        ということになります。

        これって、ハッピーですか?

        嫌いな食べ物を前にして、
        鼻をつまんで、かまずに飲み込む。

        そんな方法を教えてほしいということになりますが・・・。

        嫌いな食べ物を、鼻をつまんで飲み込んで、何かうれしい気持ちになりますか?
        さらにいえば、これって本当に「克服」したと言えるでしょうか?

        だって、鼻つまんで飲み込んで、「これならいつでも食べていいよ!」って思わないでしょう?


        多分、苦手な教科で100点とるには、とてつもない勉強をしなくてはいけないでしょうし、100点とれても、つかれてぐったり。次のテストでまた同じことを・・・と思うでしょう。

        ではこれではいかがでしょう?
        「苦手意識を克服する」

        苦手な教科で100点とるより、
        苦手じゃない教科で100点とる方がかんたんですし、うれしいです。


        なので、先生なら
        「まず、苦手意識を克服する」
        「次に、苦手じゃない教科の勉強をがんばる」
        ようにします。


        話が長くなってしまいましたが、質問そのものが的を得ていないと、期待する答えがかえってこないことはよくあります。

        苦手意識の克服方法はいろいろとありますから、
        他の記事にすることにします。
        posted by: tomosen | 勉強 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |