<< 小学生の時、どうやって勉強したことを覚えましたか? | main | 小学生の時、何か植物を育てましたか? >>

苦手な教科の克服法は?

0
    苦手な教科は、どうしたら克服(こくふく)できますか?
    ということですね。

    答えは

    「やめときなさい。先生なら、そんなことしません。」

    です。


    残念ですか?・・・たぶん、がっかりですよね。
    理由はかんたんです。
    そんなの、ハッピーじゃないからです。
    はあ?そんなんでいいわけない・・・とか思ってますよね。

    まあ、落胆(らくたん)したり、おこったりせずに、もう一度質問を読み返してみましょう。

    「苦手な 教科は どうしたら 克服できるか?」ですね。

    この質問文の場合、一番短くすると「教科は 克服できるか?」です。

    克服とは、なんですか?
    大辞泉で調べると「努力して困難にうちかつこと。」とあります。

    どうしたら打ち勝ったことになるのでしょう?
    テストで100点とったらでしょうか?

    文をわかりやすくおきかえると、
    「苦手な教科で100点をとれるようになりたい。」
    ということになります。

    これって、ハッピーですか?

    嫌いな食べ物を前にして、
    鼻をつまんで、かまずに飲み込む。

    そんな方法を教えてほしいということになりますが・・・。

    嫌いな食べ物を、鼻をつまんで飲み込んで、何かうれしい気持ちになりますか?
    さらにいえば、これって本当に「克服」したと言えるでしょうか?

    だって、鼻つまんで飲み込んで、「これならいつでも食べていいよ!」って思わないでしょう?


    多分、苦手な教科で100点とるには、とてつもない勉強をしなくてはいけないでしょうし、100点とれても、つかれてぐったり。次のテストでまた同じことを・・・と思うでしょう。

    ではこれではいかがでしょう?
    「苦手意識を克服する」

    苦手な教科で100点とるより、
    苦手じゃない教科で100点とる方がかんたんですし、うれしいです。


    なので、先生なら
    「まず、苦手意識を克服する」
    「次に、苦手じゃない教科の勉強をがんばる」
    ようにします。


    話が長くなってしまいましたが、質問そのものが的を得ていないと、期待する答えがかえってこないことはよくあります。

    苦手意識の克服方法はいろいろとありますから、
    他の記事にすることにします。
    posted by: tomosen | 勉強 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://philein.tomosen.net/trackback/6